コルセットの重要性

ぎっくり腰を患った時には、身体を安静にしておくことが、最善の処方です。
少し落ち着いたなら、整骨院でマッサージをしたり、温熱治療やストレッチをしていくことを考えなければなりません。
腰痛で悩める人は、日頃から背筋や腹筋を鍛えておくことも、ぎっくり腰対策の有効な手立てとなります。

しかし、これらのトレーニングはあくまで腰の痛みが収まってから、しばらくして取り組むことです。
痛みが収まったらと言って、いきなり始めることは、再びぎっくり腰になる可能性がありますので、様子を見ながら行うことです。

腰の痛みが和らぎ歩けるようになったら、必ずしておきたいのがコルセットです。コルセットと言っても、簡単な腹巻きタイプでも、腰への負担がかなり軽くなってきます。本来、背筋や腹筋力で腰をカバーするところをコルセットで補ってあげるのです。

コルセットをはめたまま、ズボンを履くとかなりきつく感じるのですが、それでもしばらくは我慢して、生活を送ることが必要でしょう。
いづ再発してもおかしくない腰を庇うには、これがとても効果的なのですから。